ばいばいと

バイトの紹介をしていきます。

アパレルショップの店員って何するの?仕事内容やメリット・デメリットをまとめたよ

f:id:baibaito:20190110111411j:plain

「いっらしゃいませ~」「何かお探しですか?」このようにアパレルショップの店員さんに話しかけられたことありますよね?アパレルショップの店員さんって一日中立ちっぱなしだから足のむくみがヤバイとか、クレームばっか言ってくるお客さんの対応が辛い!という話を耳にすることもあるかと思います。本当にそんなに大変なのでしょうか?

そこで今回は、アパレルショップのバイトについて仕事内容やメリット・デメリットを紹介します。

アパレルショップの店員って何するの?

アパレルショップの店員と聞くだけで、販売や接客を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は裏方の仕事も多くあります。

仕事内容

表の仕事は、接客などお客様の対応、商品の品出し、ディスプレイなどがメインとなっています。

裏方は、掃除から始まり商品の在庫チェック、売上管理、店舗運営などの重要な仕事があります。

ただ、アルバイトの場合は仕事内容に限りがあるので、責任重大なことを任せられることは少ないです。とはいっても一生懸命働いていると昇進したりリーダーを任せられることもあるので、やりがいは多く感じられる仕事です。

時給・日給

店舗や企業によってかなり差がありますが、それでも900円~1000円のところが多いです。土日祝日に混雑するので、お店よっては特別手当や時給増しするところもあります。求人に応募する前にはこういったことを中心にチェックしておくといいでしょう。

メリット・デメリット

アパレルショップのバイトは、メリット多くありますが、デメリットも意外とあります。バイトする前にはメリット・デメリットを把握しておきましょう。

メリット

  • 接客の勉強になる
  • クレーム対応など将来役に立ちそうなスキルが身に付く
  • センスが良くなる
  • 社割でショップの服が買える
  • 洋服の専門知識が身に付く

デメリット

  • バイトなのにクレーム対応させられる
  • 足がむくんでパンパンになる
  • 土日祝日は忙しすぎてヤバイ

男女比~出会いはある?

当たり前のことですが、女性服は女性客が買いに来るため、男性のお客さんと○○なんて事は滅多にありません。従業員も女性が多いので職場内で出会うのは難しいでしょう。ただ、合コンの誘いは多いので、そこに期待しましょう。

おすすめの年齢層

アパレルショップは近年、年齢層が低くなっている傾向がありますが、どのようなジャンルのアパレルショップかによって年齢は幅広いのです。若者向けのお店であれば、20代のスタッフが中心に働いていますが、婦人服をメインに扱っているお店であれば、30代~40代のスタッフが多く中には50代のベテランも働いています。

おわり

アパレルショップの店員さんは、仕事量が多く大変と思われるかもしれませんが、お客様が気に入った洋服を購入し喜んで帰っていく姿を見ると、こちらも嬉しくなる仕事です。

接客業では、クレーム対応といった仕事もありますが、将来的には役に立つスキルになることが多いです。やりがいを感じられる仕事なので、興味がある人は一度やってみることをおすすめします。

>>>バイトルでアパレルの求人をチェック!

バイト探しに役立つ求人サイト

私がバイトを探す時にはバイト求人サイトを利用するので、その中でもおすすめしたいバイト求人サイトをいくつか紹介します。

バイトル

  • 求人件数が約53万件と国内最大級
  • 検索機能が充実しているので、探しやすい
  • 職種ごとの特集ページがあって情報が充実している
  • 動画で応募先の様子を知ることができる
  • 応募パラメータで求人の人気を確認できる

>>>バイトル公式サイト

ショットワークス

  • 短期バイトの求人が豊富
  • 簡単に仕事を探せる
  • 簡単に応募できる
  • 希望の日に働ける
  • 即日から働ける

>>>ショットワークス公式サイト

タウンワーク

  • 求人件数が約79万件と国内最大級
  • 色々な職種の求人を扱っている
  • 激レアバイトがある
  • シンプルで使いやすい検索機能
  • メール機能が充実

>>>タウンワーク公式サイト

マッハバイト

  • 求人件数が約20万件
  • 5,000円から10,000円のマッハボーナスがもらえる(最短翌日)
  • 人気職種の求人が豊富
  • コンテンツが充実

>>>マッハバイト公式サイト