ばいばいと

バイトの紹介をしていきます。

ドラッグストア・薬局のバイトがマジ神!?仕事内容、メリット・デメリットを紹介

f:id:baibaito:20190113003759j:plain

最近のドラッグストアは、日用品の他に野菜などの食品や飲料を取り扱っているお店が増えてきています。他にも、公共料金の支払いを出来るお店が出てきたり、ドラッグストアというより便利店といった感じでしょうか。

そんなドラッグストアですが、バイトのやる仕事は大変なのでしょうか?それとも楽?キツイと言う人もいれば、マジ神!と言う人もいるので、仕事内容やメリット・デメリットを順番に確認していきましょう。

ドラッグストアのバイトって何するの?

ドラッグストアでバイトしている人を見てみると、年齢層は幅広く、学生もいれば主婦もいます。また、中年男性が品出しをしている姿も珍しくありません。どのような方でもバイトしている印象なので、キツイ仕事ではないと言えるかもしれません。

仕事内容

主な仕事は、接客、レジ打ち、品出し、発注、商品管理、店内外の清掃となっています。とはいえ、医薬品は資格がない人は取り扱うことができないため、医薬部外品である日用品や雑貨などを扱います。広い店舗の場合、商品の場所を覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、特に難しい仕事はなく、誰でも覚えられる仕事内容となっています。

時給・日給

店舗によっては1200円以上、時間帯によっては1500円以上なんてところもありますが、平均的には1000円くらいです。危険でもなく、キツイ仕事でもないので、時給は高い方だと言えます。

メリット・デメリット

ドラッグストアでバイトするのにメリットやデメリットはあるのでしょうか?

メリット

  • 社割で買い物ができる
  • 接客のスキルを磨ける
  • 化粧品などのサンプル品をたくさんくれる店舗もある
  • 色んな年代のお客様がいて、対応力が身に付く
  • 新製品や新商品の情報を素早くキャッチできる

デメリット

  • お米を扱っているお店は運ぶのが大変
  • クレーマーの対応に困る
  • 女性が多く人間関係が複雑な時がある

男女比~出会いはある?

ドラッグストアのバイトには女性が多く、平日の昼間は男性社員以外は全員女性なんてこともあります。そのため、店舗にもよりますが男女比は8:2くらいのところが多いようです。男性の場合は、女性が多く働く店舗を選ぶと新しい出会いがあるかもしれませんが、女性の場合、男性との出会いは期待しない方がいいでしょう。

おすすめの年齢層

高校生から60代のスタッフまで幅広い世代が働けるのがドラッグストアバイトの魅力です。でも、重たい品物を扱うお店なら、多少の力が必要なので腕っぷしに自信のある元気な人に向いています。

おわり

ドラッグストアでバイトしていると社割で商品を購入できることがあるので、普段からドラッグストアで買い物する方にはとても魅力的なバイトです。とくに、難しい仕事はなく、無資格でもOKなので興味がある方は求人に応募してみましょう。

>>>タウンワークでドラッグストアのバイト求人をチェックする!

バイト探しに役立つ求人サイト

私がバイトを探す時によく利用するバイト求人サイトを紹介します。今の時代バイトを探すのにバイト求人サイトは大活躍してくれるので、みなさんも試してみてください。

バイトル

  • 求人件数が約53万件と国内最大級
  • 検索機能が充実しているので、探しやすい
  • 職種ごとの特集ページがあって情報が充実している
  • 動画で応募先の様子を知ることができる
  • 応募パラメータで求人の人気を確認できる

>>>バイトル公式サイト

ショットワークス

  • 短期バイトの求人が豊富
  • 簡単に仕事を探せる
  • 簡単に応募できる
  • 希望の日に働ける
  • 即日から働ける

>>>ショットワークス公式サイト

タウンワーク

  • 求人件数が約79万件と国内最大級
  • 色々な職種の求人を扱っている
  • 激レアバイトがある
  • シンプルで使いやすい検索機能
  • メール機能が充実

>>>タウンワーク公式サイト

マッハバイト

  • 求人件数が約20万件
  • 5,000円から10,000円のマッハボーナスがもらえる(最短翌日)
  • 人気職種の求人が豊富
  • コンテンツが充実

>>>マッハバイト公式サイト